私のカードローン利用時のルール

子供の教育費と学費に毎月かなりの金銭がかかっています。
学部的にアルバイトが一切出来ないという理由と、家賃、食費、小遣い等がかかることから、毎月二重生活のお金がかかる事になります。

しかし家賃、教育費学費に関しては必ずかかる必要なお金なので、子供が学生でいある間は支払い続けるしかありません。
食費や小遣い等は少し節約が効く部分でもありますので、どうしてもお金が厳しいと感じる時は食費と小遣いを節約していくしかありません。

毎月は夫の給与と私のパート代金からまかなっている状態ですが、春などの支払いの時期が重なる時は今までの貯蓄を一時的に使う事もありました(あります)
しかし、そこに手をつけてしまと、家計のお金が全てなくなってしまうので、なるべく生活費を節約をして貯蓄には手をつけないようにしています。

また子供の教育費学費、家賃や小遣い食費など以外にも合宿費などもかかることがあるので(学部の研修合宿を含む)まとまったお金がかかる事もあります。
そんな時は一時的に自分が使っている銀行のカードローンを利用する事がありました。
主婦の私でも少なからず収入があるため簡単に審査が通りました。⇒主婦ローン 審査

一活で返済をする事もありましたが、一活返済が厳しいと感じる時は分割返済を利用する事もありました。
自分の中で一つカードローンを利用するルールとしては、必ず全ての返済が終わらないと次のカードローンは利用しないということです。
このルールをだけをきちんと守らないと、ずるずるといってしまう事があるかと思うので、カードローンを利用する時はより慎重になっている自分がいます。

また前回のカードローンの返済は終わっていないけれど、どうしてもお金が必要だと感じる時は私の母に申し訳ないけれど借りる事もありました。
勿論返済をなるべくするにしながらですが、子供を育てながら、教育をつけていく事はどうしても想像以上のお金がかかるので、子供が社会に出るまではなんとか節約や自分の仕事量を増やして毎月の教育費や学費費などを作っていく必要があると強く感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>