こどもの頃に行った懐かしい自治会の役員旅行

今の時代は皆忙しく、地域自治会活動もかなり削減され、その上子どもたちの活動も寂しくなり、よく自分の子どもの頃の自治会の楽しかった思い出を振り返ります。

特に毎年の夏休み、楽しみにしていたイベントは夏祭りなのですが、うちの母が役員をやって以来、旅行へ行くようになりました。

目的地は近隣と思いきや…仲間の方に登山愛好家の方がおりまして、群馬県や長野県や山梨県等、登山も出来る山が多かったのです。

特にきつかったのが尾瀬でした。
早朝登山スタートなので、深夜から向かい、あまり眠れない状態で正直嫌でした。
しかし山道で知らない方々との挨拶が嬉しくて、しまいには自分から挨拶する勇気が持てました。

そして広がる景色はカメラを持っていながら、あまりの美しさにシャッターをきるのを忘れる程でした。

実は仲間の中で、母はカメラ撮影と帰宅後は現像して配るという係でしたので、私も手伝うのですが、ここぞというときの写真が少なく笑われたりしました。

可愛らしい日光キスゲや、綺麗な川と水草の色し湿地地帯の沼のキラキラする光と青い空…全てずっと見ていたいのですが、山道しか歩く所がないので、立ち止まることは出来ないのが少し残念でした。

そうして歩き続けてあっという間にお昼になり、味のある山小屋で温かいうどんを頂きました。
食べている時も、仲間の方が山小屋で働く方々の大変さを教えてくださり、うどんを有り難く感じる事が出来ました。

まだまだ歩いていく所で、仲間の1人が残念ながら登山病にかかりました。
無理は禁物なので、付き添いも決めてお二人だけ宿へ戻る事になりました。
幸い軽くすんだので良かったです。

その日は無事に山道を10キロメートル歩き、宿の温泉とお料理に癒され、ぐっすり眠りました。

私達は、母子で16名程いたので、誰かが具合を悪くして子どもだけ残されても大丈夫なのが、この旅行のいい所なのです。

当時は子どもで、沢山で行くのが少し煩くも思えていたのですが、女性は事情で入浴が出来ない事もありますが、それも皆がいるから大丈夫。
多分今の時代にはこんな母子だけでの旅行は、気疲れしてしまう等の理由で少なくなっていると思います。

私はどちらの時代も経験して、今では家族旅行のみで帰宅してから何故か寂しい感じになります。
きっとそれは多数で行く旅行の楽しみを知っているからだと思います。

出来れば我が子にも、旅先での学びや、色々な地域の話や 皆で旅をする上でのルールや楽しみを知ってほしいので、今度はあえてツアーを考えたいと思います。

しかし、旅行に出かけて留守にしている機会が多いと、心配なのは防犯対策をしっかりしているかどうかです。

この前、友人宅に泥棒が入りました。
ゴールデンウィークの合間の平日のお昼に、堂々と2階から侵入したそうです。
車で出掛けた時に入られ、近所の人はいなかったり気がつかなかったりだったみたいで、本当に気の毒でした。
すぐに、アルソックのホームセキュリティを付け対策したそうです。シールが貼ってあるだけでも防犯対策にはなっていると思うし、安心です。

友人の話なのでとても生々しく、自分の家は自分で守るしかないんだなと実感した出来事でした。

私のカードローン利用時のルール

子供の教育費と学費に毎月かなりの金銭がかかっています。
学部的にアルバイトが一切出来ないという理由と、家賃、食費、小遣い等がかかることから、毎月二重生活のお金がかかる事になります。

しかし家賃、教育費学費に関しては必ずかかる必要なお金なので、子供が学生でいある間は支払い続けるしかありません。
食費や小遣い等は少し節約が効く部分でもありますので、どうしてもお金が厳しいと感じる時は食費と小遣いを節約していくしかありません。

毎月は夫の給与と私のパート代金からまかなっている状態ですが、春などの支払いの時期が重なる時は今までの貯蓄を一時的に使う事もありました(あります)
しかし、そこに手をつけてしまと、家計のお金が全てなくなってしまうので、なるべく生活費を節約をして貯蓄には手をつけないようにしています。

また子供の教育費学費、家賃や小遣い食費など以外にも合宿費などもかかることがあるので(学部の研修合宿を含む)まとまったお金がかかる事もあります。
そんな時は一時的に自分が使っている銀行のカードローンを利用する事がありました。
主婦の私でも少なからず収入があるため簡単に審査が通りました。⇒主婦ローン 審査

一活で返済をする事もありましたが、一活返済が厳しいと感じる時は分割返済を利用する事もありました。
自分の中で一つカードローンを利用するルールとしては、必ず全ての返済が終わらないと次のカードローンは利用しないということです。
このルールをだけをきちんと守らないと、ずるずるといってしまう事があるかと思うので、カードローンを利用する時はより慎重になっている自分がいます。

また前回のカードローンの返済は終わっていないけれど、どうしてもお金が必要だと感じる時は私の母に申し訳ないけれど借りる事もありました。
勿論返済をなるべくするにしながらですが、子供を育てながら、教育をつけていく事はどうしても想像以上のお金がかかるので、子供が社会に出るまではなんとか節約や自分の仕事量を増やして毎月の教育費や学費費などを作っていく必要があると強く感じています。

大変だった娘の入園式

我が家には今年で5歳の娘がいます。
もう2年前になりますが、入園式の時は大変でした。

入園式は園のホールでとり行われ、100人ほどの園児達が新しいクラスごとに保護者と一緒に椅子に座り、
これからの園生活についてや、担任の先生の紹介等のお話がありました。

娘は園のホールに入った時から、多くのお友達を前にして興奮状態で落ち着きなくソワソワとしていました。
椅子から立ち上がろうとする娘をなんとかなだめ、きちんと話を聞く様に注意したのですが聞く耳持たずと言った感じです。
周りを見回してみると、娘の様にソワソワしている子や声をあげている子もちらほらいたりして、親の方は冷や汗ものです。
どうしても大人しくしてくれない娘に、鞄から娘の好きなキャラクターの可愛い手帳を取り出し、イラストを見せて何とか気を引いて椅子に座らせました。

先生の話が終わると、今度はクラス別の記念撮影です。
しかしクラスが多く、自分達の順番まで待っている時間が結構長かった為、外に飛び出そうとする娘を抑えるのも必死でした。
当然、写真撮影の時もぐずったりじっとしてくれなくて大変でした。
周りのお友達も撮影時に泣きだす子がいたりして、写真一枚撮るのも四苦八苦です。

その後、新しいクラスに移動して担任の先生のお話が始まったのですが、立ち歩く子がいたり席に一人で座れずお母さんの所に駆け寄ってしまう子もいました。
我が家の娘もソワソワと私の方を見ては、椅子から立ち上がろうとしていたので娘の近くに行き落ち着かせるのに必死でした。

娘の入園式には写真やビデオで沢山思い出を残そうと張り切っていたのですが、本当に疲れてしまいクタクタな一日でした。
しかし、数か月前までオムツをしていた娘ですから、大勢の人を目の前にしてビックリして興奮するのも無理もないかもしれません。

2年経った今、娘は幼稚園での生活にもすっかり慣れ、驚くほど言葉のバリエーションやお友達とのコミュニケーションが上手になって来ました。
入園式の初々しい娘の姿も今は良い思い出になっています。

私の妹は看護師で、託児所付きの病院で働いています。なので妹の娘は幼稚園ではなく託児所に預けられています。
託児所付きの求人って思ったよりたくさんあるみたいです。⇒看護師求人託児所あり
待機児童がいて入園するのさえも難しい今、とても助かりますよね☆

歯医者代が掛かってカードローンを利用しながらの生活・・・

定期的に歯医者に通ってるし、歯ブラシの当て方も衛生士さんに教えてもらったことを実践してるつもり。
それでもできてしまう虫歯。正直、もうどうしていいかわかりません。

若いころは例え歯磨きをさぼったとしても虫歯になることはありませんでした。
ところが、産後状況は一変してしまいました。
産後できた虫歯は10本を超えます。その都度、治療していますが、良くなってはまた悪くなるの繰り返し。

定期健診でレントゲンをとっても特に問題もなく、痛みなどの自覚症状もありません。
では次回、また定期健診に来てくださいねと先生にも言われます。

しかし!!次の定期健診を待たずに必ず不調が訪れます。

そして、実際に歯医者にいくと「虫歯ですね、しかも悪くなってます」となります。

「この前の検診では見つからなかったですか?」「はい、大丈夫でした」というような感じです。

知り合いも多く通っている歯医者ですし、先生はそれなりに腕がいいはずです。

それに引っ越しも経験しているので、歯医者も数件変えています。

つまり問題は自分自身にあるということですよね・・・・

治療費も掛かり、生活を圧迫しています。治療費が掛かり過ぎて、急に家電が壊れてしまった時なんかに、専業主婦でも利用できるカードローンのカードを持っているのでそれを利用したりも。。。。※専業主婦カードローン

ローンと言っても借金は借金なので借金をしないといけない状況に自分の歯のせいでなるのもストレス・・・

歯磨きの仕方についてはかなり研究しましたし、衛生士さんにも特に問題はなさそうと言われています。
甘いものばかりを食べているわけでもありません。

もう気を付けようがないんです。

歯のことばかり気にしていること自体がストレスになってきました。

そこで気にするのをやめたんです。

今まで通り、しっかりと歯磨きしてそれでもだめなら仕方がないと割り切るしかないと開き直ったんです。
がん検診を受けていてもがんになる人もいる。
病気にならないように自制した生活をしていても病気になる人はなる。

体の不調は、人それぞれで自分で抑えられないこともあります。

自分でできる最大限の努力をしてだめなら、あとは先生にお任せするしか方法はありません。

私の歯は、これからどうなっていくかはわかりませんが「成るようにしか成らない」とあまり深刻に考えずに前向きにいこうと思ってます。

泣いても笑っても状況が変わらないなら笑っていたほうが得なような気がするので!!

債務整理にならないために

債務整理をしたことで、その事実が信用情報に登録され、審査の際にはチェックされてしまうので、カードローン、ないしはキャッシングなども、如何にしても審査はパスしづらいと思われます。

着手金、あるいは弁護士報酬を懸念するより、何と言いましても自分の借金解決に本気で取り組むべきです。債務整理の実績豊かな専門家に委託する方がいいでしょう。

債務整理後にキャッシングのみならず、再度借り入れをすることは許さないとする制度は見当たりません。であるのに借り入れ不能なのは、「融資してもらえない」からです。

銀行系に属するクレジットカードも、任意整理の対象となりますから、カード会社に任意整理の申し入れをした段階で、口座が応急処置的に凍結されるのが一般的で、出金できなくなるのです。

あなたの実際の状況が個人再生ができる状況なのか、異なる法的な手段に訴えた方が賢明なのかを裁定するためには、試算は必要でしょう。

借金返済の見込みがない状態だとか、金融業者からの取り立てが容赦なくて、自己破産しかないなら、直ぐに法律事務所へ相談しに行った方がベターですよ。

タダの借金相談は、当社ウェブサイトにある問い合わせコーナーよりしてください。弁護士費用を出せるかどうかと躊躇している人も、とてもお手頃な料金でお引き受けしておりますので、安心して大丈夫です。

自己破産であったり債務整理をするかどうか二の足を踏んでいる人々へ。多種多様な借金解決の手が存在するのです。それぞれの利点と弱点を見極めて、自分自身にマッチする解決方法を見つけ出して貰えればうれしいです。

任意整理に関しては、通常の債務整理と違って、裁判所を通すことが求められないので、手続き自体も難しくはなく、解決するまでに必要な期間も短いこともあり、利用する人も増えています。

消費者金融の債務整理と言いますのは、自ら行動してお金を借り入れた債務者ばかりか、保証人だからということでお金を徴収されていた人に対しても、対象になるそうです。

任意整理であっても、規定の期限までに返済不能に陥ったという点では、よくある債務整理と何ら変わりません。それなので、すぐさまバイクのローンなどを組むことはできないと考えてください。

何をやろうとも返済が厳しい状況であるなら、借金に押しつぶされて人生そのものを観念する前に、自己破産手続きを完了し、初めからやり直した方がいいのではないでしょうか?

債務整理のターゲットとなった金融業者では、5年間という月日が経った後、事故記録を将来に亘りストックしますので、あなたが債務整理を実施した金融業者では、ローンは組めないと覚悟しておいた方がいいと思います。

債務整理を敢行すれば、その事実につきましては個人信用情報にしっかり載りますから、債務整理を行なった方は、他の会社でクレジットカードの発行をお願いしたところで、審査を通過することは無理なのです。

借金問題または債務整理などは、近しい人にも話しを出しにくいものだし、いったい誰に相談したらいいのかもわからないのではないでしょうか?それならば、経験豊かな専門家などに相談すべきだと。断言します。

最近では旦那さんに内緒でお金を借りて返せなくなって困っている主婦の方が多いという現実があります。※参考になるサイト・・・主婦の消費者金融利用について

旦那に内緒にしているだけに、お金を返せなくなった時には相談する人がいなくて、怪しい業者から借りてしまうということになってしまう人も多いのです。

こうならないためにも、もちろん旦那さんに話したくないのは分かりますが、最悪な事態を避けるためにも最終的にはちゃんと話するようにしましょう。

とにかくかわいい我が子

出産から子供との絆が生まれていると思います。
とにかくかわいいと思います。
が、もちろんそれだけではありません。
出産した瞬間から子育てが始まり、自分の時間が全くなくったことに驚き戸惑いました。
母乳が出るか心配し、いざ出てみれば度々乳腺炎になり寝込む日々を送り、自分の体調や気分の優れない日でも子供にはそんなの関係ありません。
ひたすら気合いで乗り切りました。
子供の目が見え、表情が豊かになってくると可愛らしいさも日に日に増していき、愚図り泣きも覚えたように思います。
離乳食が進んできた頃に一人でご機嫌な時間が増え、驚くほど手がかからなくなってきました。
イタズラを覚え、叱って良いのかそれともまだ言っても分からないから見逃すべきなのかとても悩みました。
ハイハイで自由に動き回るようになると何でも口に入れてしまい、ますます目が離せなくなりましたが、そんな姿もとにかくかわいいです。
離乳食は好き嫌いなく苦労しませんでしたが、もともと小さめに産まれて体重の増えがいまいちでとても心配しました。
どうしても周囲の子供と比べてしまう自分がいて、不安に思うことも多く常にネットでも調べていたような気がします。
いつかは必ず大きくなる、できなかったこともできるようになる、分かってはいますが、どうしても焦り不安に感じました。
今はだいぶ大きくなってきて、できなかったこともたくさんできるようになりましたが、次々と不安や心配なことが山積みです。
今は、周囲に同じくらいの子供があまりいないため、子供の輪になかなか溶け込めずに泣いてしまうことや、離乳食を掴んで投げてしまうこと、食事中に椅子に立ち上がることに頭を悩ませています。
時間が経てば解決することもたくさんあると思いますので、ゆっくり向き合っていきたいと思います。
子供が男の子なので、どんな遊びをしたいのかいまいちピンと来ず、これから勉強していきたいと思います。
色々と悩みや不安に思うこともありますが、すべて子供の笑顔で乗り切ってきたと思っています。